ブログトップ

Когда разгуляется ハレヨウトキ2

harebare2.exblog.jp

偽善的だって

言われた。私が書いてることが。
読んだ人から。



そう思う人も少なからずいるんだろうな。


帰りの電車の中で、某共働きコミュで行われている
子ども・子育て指針に関する議論を読んでいたら、
ほんとうに頭がクラクラして、気持ちが悪くなってきて、
終電一本前なのに途中下車してしまった、
何とか最終に乗って帰ってきたけど。


曰く、子ども産んだのは自分、
だから子育ては全て親である自分が責任を負って当然。
納得いく保育所がなければ、1時間2000円出したって、
いいところ探して入れるなり、ベビーシッター雇うなりするから、
別に公的保育制度がどうなってもいい。
むしろ、お金を出して「良い保育」が手に入るようになるのなら
その方が望ましい、競争バンザイと。


自己責任論者な方々はどこまでも、
「自分と自分の子どもさえ良ければ」それでいい…。
本気でそう思っていて、そういう人たちがこんなにいるんだな。
何もかも、自分の力でやってきたと、
本気で、そう自負なさっているのだな。
もちろん、努力はしてこられたんだろうけれども。

もちろんそんな風には思わない人たちも一部いて、
だからこそ、有意義なやりとりになっているとも言えるのだけど、
問題は、そんな親たちの様々な声や思いを
充分に聴くこともないまま、
国がこっそり(と言っても差し支えないように思う)
重大な方針転換をしようとしてると言うことだ。

自己責任だの何だのというこの議論に
加わる元気はとてもない…。
ただ、とても気持ちが悪い世の中だと思って、
何だか泣けてきた。
[PR]
by hare2bare2 | 2010-10-27 02:02 | よのなか
<< ケンタウル露をふらせ 人は人とつながっていたい。 >>